中村うさぎ的日常日記

  • これは私にとって、もっとも受け入れ難い生き方だった。

  • 2019年06月11日 (火)

こんにちは!

めっちゃ体調悪い中村です(><)

目が覚めてもベッドから起き上がれない!

身体に力が入らない!

頭がボーッとして何も考えられない!

これってやっぱ老化なのかな?

このまま寝たきりになるんちゃうか、私!?

なんだか不安だけど、その割には精神的なダメージはない。

ま、しゃーないか!このまま衰えて死ぬならそれで良し!って感じですよ。

ある意味、諦めがついてスッキリ?

無駄に健康だと、あれもしたい、これもしなきゃって気持ちになって焦るけど、身体が動かないんじゃ何もできないし諦めるしかないもんね!

そんなわけで、昔は老化が怖くて仕方なかったけど、実際に老いてみると、これはこれで悪くないもんだと思い始めた。

私が病気になって身体が不自由になったのも、年老いてどんどん弱っていってるのも、すべては自然の摂理だし、抗いようがないよね。

嘆いたって歩けるようになるわけじゃなし、病気と老化は私に「諦め方」を教えてくれた気がするわ!

人一倍、諦めの悪い性格の私は、これくらいの状態にならないと、死ぬまで諦めきれずに悶々としてたかも!

でも今は悶々とすることもなく、かつての上昇志向や強迫的な使命感からも解放されて、心穏やかに無為な余生を送ってるの。

 

この続きはメールマガジンにご登録後、ご覧いただけます。

中村うさぎオフィシャルメールマガジン
「中村うさぎの死ぬまでに伝えたい話」