WORKS(著作本一覧)

死を語る(PHP文庫)

  • 死を語る(PHP文庫)

  • 出版社:PHP研究所

  • 発売日:2017/8/3

    文庫: 253ページ

  • 死について真面目に語った対談である。
    同時に、「どうやって生きたらよいか」を考える究極の実用書でもある。
    (佐藤優)

    人生は残酷であり、生きるということは本当に苦しいことだ。
    この対談の中でも何度か言っているが、“あの時に死んでしまえばよかった”と
    未だに思う私である。(中村うさぎ)。

    原因不明の病で心肺停止に陥るという臨死体験を経て、
    「家族」の意味を考えるようになった中村うさぎと、
    「鈴木宗男事件」で社会的に葬り去られそうになった佐藤優。
    日本、宗教、社会、男と女……。数奇な経験を持つ二人が、
    様々な視点で「生と死」について、徹底的に語り尽くす!
    『死を笑う』を改題し、加筆修正。